img:見出し画像

管理ツールについて > サーバー管理ツール

サーバー管理ツールとは

サーバー管理ツールは、サーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)を行うための管理パネルです。

ログイン方法

下記URLよりサーバー管理ツールへのログインが可能です。
サーバーIDとサーバー管理ツール用パスワードでログインをお試しください。

サーバー管理ツール ログインURL
https://secure.xtwo.ne.jp/login/server.php

機能説明

アカウント

  1. サーバー情報

    サーバーのCPU情報や各プログラムのバージョン、perlモジュールやコマンドパスの一覧を確認することができます。
    また、「自動バックアップ」におけるデータのバックアップ状況の確認も行うことができます。

  2. パスワード変更

    サーバー管理ツールのパスワードを変更することができます。

ドメイン

  1. ドメイン設定

    独自ドメインをサーバーアカウントに設定をします。

    詳しくは、ドメイン設定をご参照ください。

  2. サブドメイン設定

    「好きな文字列.独自ドメイン」というサブドメインを発行することができます。

    詳しくは、サブドメイン設定をご参照ください。

  3. DNS設定

    DNSレコードの編集が行えます。

    詳しくは、DNSレコード編集をご参照ください。

  4. 動作確認URL

    サイトの移転時などに、ネームサーバー変更前の動作を確認するためのURLを発行することができます。

    詳しくは、動作確認URLをご参照ください。

FTP

  1. FTPアクセス制限設定

    FTP接続を許可するIPアドレスを追加できます。
    追加をすると、接続を許可したIPアドレスのみ接続が可能となり、FTPによる不正アクセスのリスクを低減することができます。

    詳しくは、FTPアクセス制限をご参照ください。

  2. FTPアカウント設定

    特定フォルダへのアクセス権を持つFTPアカウントを作成することができます。

    詳しくは、FTPアカウントの追加をご参照ください。

メール

  1. メールアカウント設定

    メールアカウントの作成や転送設定が行えます。

    詳しくは、メールアカウント設定をご参照ください。

  2. 迷惑メール設定

    スパム解析処理の有効・無効の設定と、スパム判定された際のメールの処理方法が設定できます。

    詳しくは、迷惑メール設定をご参照ください。

  3. メールフィルタ設定

    指定条件に該当するメールに対して、フィルタリングや特定メールアドレスへの転送などを行うことができます。

    詳しくは、メールフィルタ設定をご参照ください。

  4. 自動応答設定

    あらかじめ用意した定型文のメールを自動的に送信者へ返送することができます。

    詳しくは、自動応答設定をご参照ください。

  5. SMTP認証の国外アクセス制限設定

    国外ネットワークからの不正なメール送信を制限し、セキュリティを強化することができます。

    詳しくは、SMTP認証の国外アクセス制限設定をご参照ください。

  6. トリガー設定

    メールを受信した際に、起動するプログラムを設定できます。

    詳しくは、トリガー設定をご参照ください。

ホームページ

  1. アクセス制限

    各フォルダにパスワード認証(BASIC認証)を設定することができます。

    詳しくは、アクセス制限をご参照ください。

  2. エラーページ設定

    存在しないファイルへアクセスした際に表示されるエラーページ(404エラーなど)を、独自のページに設定することができます。

    詳しくは、エラーページ設定をご参照ください。

  3. MIME設定

    拡張子によって処理内容を指定するMIMEの設定を行うことができます。

    詳しくは、MIME設定をご参照ください。

  4. CRON設定

    設定時刻に定期的に指定コマンドを動作させるCronの設定を行えます。

    詳しくは、Cron設定をご参照ください。

  5. mod_pagespeed設定

    拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用することによりWebサイトのコンテンツを最適化し、表示速度の向上および転送量の軽減を図ります。

    詳しくは、mod_pagespeed設定をご参照ください。

  6. .htaccess編集

    .htaccessの編集ができます。

    詳しくは、.htaccess編集をご参照ください。

  7. サイト転送設定

    指定アドレスに対してのアクセスを別のサイトに転送できます。

    詳しくは、サイト転送設定をご参照ください。

  8. アクセス拒否設定

    指定したIPアドレスからのアクセスを拒否することができます。

    詳しくは、アクセス拒否設定をご参照ください。

  9. CGIツール

    メールフォームを設置することができます。

    詳しくは、メールフォームをご参照ください。

  10. ワンクリックインストール

    WordPressなどの人気プログラムを、ワンクリックでインストールすることができます。

    詳しくは、ワンクリックインストールをご参照ください。

  11. PHP高速化設定

    PHPやCGIによるCPU負荷を軽減し、プログラムを高速化する設定を行うことができます。

    詳しくは、PHPの高速化設定をご参照ください。

  12. Xキャッシュ

    ファイル、フォルダに対してキャッシュの設定を行うことができます。

    詳しくは、Xキャッシュをご参照ください。

  13. php.ini設定

    ドメインごとに、php.iniの設置と編集を行うことができます。

    詳しくは、php.ini設定をご参照ください。

  14. PHPバージョン切替

    PHPのバージョンを切り替えることができます。

    詳しくは、PHPのバージョンについてをご参照ください。

データベース

  1. MYSQL設定

    データベースの作成、MySQLユーザーの作成、データベースのエクスポートなどの、MySQLに関する設定ができます。

    詳しくは、MySQLの設定をご参照ください。

  2. phpmyadmin

    データベースの編集を行うことができます。

    詳しくは、phpMyAdminをご参照ください。

統計

  1. アクセス解析

    アクセス解析を用意しています。ドメインおよびサブドメイン単位で設定が可能です。

  2. ログファイル

    アクセスログ・エラーログをダウンロードすることができます。

    詳しくは、ログをご参照ください。

セキュリティ

  1. SSL設定

    設定ドメインに対して、共有SSLの発行ができます。

    詳しくは、共有SSLの設定をご参照ください。

  2. WAF設定

    不正なアクセスを検知し遮断するウェブ上のファイアーフォールを設定できます。

  3. WordPressセキュリティ設定

    WordPressに対する不正なアクセスを防止し、セキュリティを強化することができます。

    詳しくは、WordPressセキュリティ設定をご参照ください。

一覧へ戻る

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ