サポートマニュアル support manual

メールについて > 仕様一覧

メール関連の仕様一覧

機能 仕様
メールサーバー Postfix
対応プロトコル SMTP / POP3 / IMAP がご利用いただけます。 また、over SSL にも対応しております。
メールアカウント数 無制限
メールボックスの容量 メールアカウントごとに設定が可能です。
メールボックスの容量は1〜5,000MBの範囲で設定することができます。
※メールボックスの使用量はディスク容量に含まれます。
メールサイズの制限 1メールあたり、30MBの制限を設けています。また、メールボックス容量を超える送受信は行えません。
送受信制限

プランごとに送信数の制限を用意しています。数値は目安のため、多少のオーバーについては許容範囲です。

各プランにおけるメール送信数の目安※
スタンダードプラン アドバンスドプラン
1,500通/日 3,000通/日

※迷惑メールなどの配信が行われた際は、上記範囲であっても制限をいたします。

※受信数の制限は特に設けていません。
ただし、短時間で大量のメール受信によりサーバーへ影響する場合などは制限をいたします。

認証方法
  • SMTP AUTH
  • POP before SMTP(※国内ネットワークからのみ)

メールを送信するためには認証を行う必要がありますが、その方法として当サービスではSMTP AUTH、 POP before SMTPという2種類の方法を用いています。SMTP AUTHは、送信の際にID/パスワードを確認する方法で、POP before SMTP は送信前に一旦受信動作を行うことで認証を行う方法です。

なお、POP before SMTPは国外ネットワークからのご利用ができませんので、ご注意ください。

ウィルスチェック

X2で作成したメールアドレスは全て自動的にウィルスチェックが送受信時に行われます。

(※)ウィルス駆除ソフトには、国際的にも評価の高いF-Secure社のアンチウィルスを採用。高確率でウィルスを自動的に駆除することが可能です。

F-Secureロゴ

※ウィルスが検知された場合は、自動的にウィルスは削除され、送信者に対してウィルス検知を記載した旨のメールを送信します。

スパムチェック

X2で作成したメールアドレスは、メール受信時、自動的にスパムチェックを行います。
スパムメール対策ソフトは、、CLOUDMARK社のコラボレーション型スパムフィルタ(※)を採用しています。

※コラボレーション型スパムフィルタとは、ユーザーから寄せられるスパムメール情報を元に、スパムメール判定するデータベースを随時更新する方式です。

サブミッションポート 迷惑メール対策「25番ポートブロック」を行っているプロバイダーをご利用の場合に、「ポート25」の代替として「ポート587」を利用することができます。
img:ボタン画像

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ