img:見出し画像

メールについて > メールソフトの設定 > Outlook 2007

Microsoft Outlook 2007 の設定方法

当サービスは、メール送信時の認証方式については、SMTP認証(SMTP-AUTH)を推奨しております。
既に設定されたアカウントのSMTP認証設定方法については、こちらの手順をご参照ください。
SMTP認証設定方法
1. ツール(T)より、アカウント設定(A)を選択

Outlook 2007でアカウント設定を選択しているスクリーンショット

2. 電子メールタブより、「新規(N)」を選択

Outlook 2007で電子メールタブから新規を選んでいるスクリーンショット

3. サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成するにチェックし、次へ(N)を選択

Outlook 2007でアカウント情報を入力しているスクリーンショット

4. インターネット電子メール(I)を選択し、次へ(N)を選択

Outlook 2007でメール設定のオンライン検索中のスクリーンショット

5. 「インターネット電子メールの設定」画面にて下記情報を入力後、詳細設定(M)を選択

メールソフトの設定や下記を参考に情報を入力します。

Outlook 2007で暗号化されない接続を使用するスクリーンショット

ユーザー情報
名前(Y) 任意(差出人として受信者に表示される名前になります)
電子メールアドレス(E) メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
サーバー情報
アカウントの種類(A) POP3 もしくは IMAP(※任意)
受信メールサーバー (I) 「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「メールサーバー名」を入力してください。
例)sv**.xtwo.ne.jp
送信メールサーバー(SMTP)(O)
メール サーバーへのログオン情報
アカウント名(U) 電子メールアドレス(E)に入力したものと同じメールアドレス
パスワード(P) メールアカウント作成時に設定したパスワード
パスワードを保存する(R) チェック【あり】(※任意)
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください(Q) チェック【なし】
6. 送信サーバータブをクリックし、下記のように設定

送信サーバー (SMTP) は認証が必要にチェックをし、
受信メールサーバーと同じ設定を使用するをクリックしてください。

Outlook 2007で非暗号化で設定中のスクリーンショット

7. 詳細設定タブをクリックし、「サーバーのポート番号」の「送信サーバー(SMTP)」を587に変更

「インターネット電子メール設定」画面

8. 設定完了

下記の画面が表示されたら、設定は完了です。

Outlook 2007でセットアップ完了のスクリーンショット

SMTP認証設定方法

1. 画面上部の「ツール(T)」より、「アカウント設定(A)」を選択

SMTP認証設定方法1

2. 「電子メール」タブより、「変更(A)」を選択

「電子メール」タブより、メールアカウントを選択し、「変更(A)」をクリックします。

SMTP認証設定方法2

3. 「詳細設定」をクリック

SMTP認証設定方法3

4. 「送信サーバー」タブを確認し、「OK」をクリック

「送信サーバー」タブにある「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」と、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」の箇所にチェックを入れ、画面下部の「OK」をクリックします。

SMTP認証設定方法4

img:ボタン画像

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ