img:見出し画像

メールについて > メールソフトの設定 > Macメール(OS X)

Macメール(OS X、overSSL設定) の設定方法

SMTP/POP3/IMAP over SSLにおけるSSL3.0無効化について
当サービスでは、2015/12/21より、セキュリティ対策の強化を目的としたSSL3.0の無効化を実施いたしました。正しく設定しても接続ができない場合は、ご利用のメールソフトが当サービスで提供するSMTP/POP3/IMAP over SSLに対応していない可能性があります。
TLS 1.0に対応する最新のソフトウェアでご利用いただくか、SSLを利用しない接続での利用をご検討ください。
1. メーラーを起動

画面上部の「メール」へ進み、「環境設定」をクリックしてください。

「環境設定」をクリック

2. 「アカウント」を選択

「アカウント」をクリックし、画面左下の「+」を選択してください。

画面左下の「+」を選択

3. 「その他のメールアカウントを追加...」を選択

「その他のメールアカウントを追加...」を選択し、「続ける」をクリックしてください。

「その他のメールアカウントを追加...」を選択し「続ける」をクリック

4. メールアドレスとパスワードを入力

追加設定希望のメールアドレス、メールアドレス作成時に設定したパスワードを入力し、「作成」をクリックしてください。

メールアドレスとパスワードを入力し「作成」をクリック

メールアドレス メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード

クリック後、“アカウントを手動で設定する必要があります”と表示されましたら「次へ」をクリックしてください。

アカウントを手動で設定する必要がありますと表示されたら「次へ」をクリック

5. 受信メールサーバの情報を入力

下記を参考に情報を入力をし「次へ」をクリックしてください。

受信メールサーバの情報入力

受信メールサーバの情報
アカウントの種類 POP もしくは IMAP(※任意)
メールサーバ 「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「受信メールサーバー名」を入力してください。
例)sv**.xtwo.ne.jp
ユーザー名 メールアドレスに入力したものと同じメールアドレス
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード

「追加のアカウント情報が必要です」と表示された場合は「次へ」進み、

受信メールサーバの情報入力

下記を参考に情報を入力をしてください。

受信メールサーバの情報入力

ポート POP:995 IMAP:993
SSLを使用 チェックを【入れる】
認証 パスワード
6. 送信メールサーバの情報を入力

下記を参考に情報を入力をし「作成」をクリックしてください。

送信メールサーバの情報入力

送信メールサーバの情報
SMTPサーバ 「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「送信メールサーバー名」を入力してください。
例)sv**.xtwo.ne.jp
ユーザー名 メールアドレスに入力したものと同じメールアドレス
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード

「追加のアカウント情報が必要です」と表示された場合は「次へ」進み、

受信メールサーバの情報入力

下記を参考に情報を入力をしてください。

受信メールサーバの情報入力

ポート 465
SSLを使用 チェックを【入れる】
認証 パスワード

情報入力後、作成ボタンを押せば設定完了です。

SMTP認証設定方法

1. 画面上部「メール」の「環境設定」をクリック

SMTP認証設定方法1

2. メールアカウントを選択し、「アカウント情報」から「SMTPサーバリストを編集…」を選択

メールアカウントを選択し、「アカウント情報」をクリックします。
「送信用メールサーバ(SMTP)」のプルダウンから「SMTPサーバーリストを編集...」を選択します。

SMTP認証設定方法2

3. 認証方法を確認し、「OK」をクリック

メールアカウントに利用しているメールサーバを選択し、「詳細」をクリックします。
認証項目のプルダウンで「パスワード」を選択し、ユーザー名とパスワードを
入力して「OK」をクリックしてください。

SMTP認証設定方法3

ユーザー名 メールアドレス
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード
一覧へ戻る

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ