img:見出し画像

インストールについて > WordPress 日本語版

WordPress インストール はじめに

お客様側でWordPressのファイルを用意していただく必要があります。

Wordpressインストール設定例
バージョン 2.8.2-ja
サーバーID xsample
ドメイン名 example.com
インストールディレクトリ /home/xsample/example.com/public_html/wp
インストールURL http://example.com/wp/
データベース MySQL5.5
FTPソフト FFFTP

WordPress導入までの流れ

WordPressのダウンロード

img:スクリーンショット画像

WordPress 公式サイト

公式サイトから 案内に従ってWordPressファイルをダウンロードしてください。
ダウンロード後、圧縮ファイルを解凍をします。

MySQL(データベース)の設定

WordPressで利用するデータベースを新規作成します。
MySQLの設定をクリックしてください。

img:スクリーンショット画像
1.MySQLの追加

WordPressで利用するデータベースを追加します。「MySQL追加」をクリックしてください。

次に、ご利用になられるデータベース名を指定し、文字コードには「UTF-8」を選択します。その後、「確認画面」ボタンをクリックしてください。本マニュアルではデータベース名を 「xsample_wp」 として作成します。
※データベース名は「お客様のサーバID_データベース名」となります。

img:スクリーンショット画像
2.MySQLユーザの追加

作成したデータベースにアクセスするための「MySQLユーザ」を追加します。
「MySQLユーザ設定」をクリックしてください。
※追加済みのMySQLユーザを利用する場合は、権限の設定に進んでください。

img:スクリーンショット画像

ご利用になられるユーザ名とパスワードを設定します。設定後、「確認画面」をクリックしてください。本マニュアルではユーザ名を「xsample_user」として作成します。
※データベース名と同様に、ユーザ名は「お客様のサーバID_ユーザ名」となります。

img:スクリーンショット画像
3.権限の設定

「MySQL一覧」から、作成したデータベースに権限を追加します。追加可能ユーザから追加したいMySQLユーザを選択し「追加」ボタンをクリックしてください。本マニュアルでは「xsample_wp」に「xsample_user」を追加します。

img:スクリーンショット画像

以上でMySQL(データベース)の設定は完了です。

ファイルアップロードと属性変更

解凍後、「wordpress-2.8.2-ja」というフォルダが表示されます。
(2.8.2のバージョン表記の部分は、お客様がダウンロードされた時期により異なることがあります。)

サーバーへアップロード

FTPソフトを使いFTPサーバに接続してください(本マニュアルではFFFTPを使って説明を行っています)。

FTPサーバーの「お客様のドメイン名/public_html/」の中に「wp」ディレクトリを新規作成してください。
(本マニュアルでは、説明のため例として「wp」としていますが、お客様の任意のものでかまいません。)

次に、ローカル側の「wordpress-2.8.2-ja」フォルダの中にある「wordpress」フォルダを表示します。
「wordpress」フォルダの全ファイルをFTPサーバーの「wp」ディレクトリに転送します。

※一括転送がうまくいかない場合、フォルダごとに分けるなどして転送してください。

アップロード前

img:スクリーンショット画像

アップロード完了

img:スクリーンショット画像

ウィザードからの設定ファイル作成

WordPressファイルのアップロード完了後、下記URLにアクセスしてください。

http://お客様のドメイン名/wp/
(本マニュアルでは:http://example.com/wp/)

上記URLでアクセスすると、こちらの画面が表示されます。

img:スクリーンショット画像

「wp-config.phpファイルを作成する」をクリックしてください。

img:スクリーンショット画像

「次に進みましょう!」をクリックします。

img:スクリーンショット画像

セットアップ設定ファイルの画面では、MySQLに接続するための情報を入力します。

データベース名 例)xsample_wp
ユーザー名 例)sampl_user
パスワード データベースユーザーのパスワードを入力します。
データベースサーバのホスト名 例)mysql1.xtwo.ne.jp

デフォルト入力のlocalhostではなく、MySQLホスト名を入力します。
(mysqlサーバーは、お客様のサーバーアカウントによって異なります。
サーバー管理ツール > サーバー情報よりご確認いただけます。 )

テーブル接頭辞 インストールの際に自動作成されるテーブル名の接頭辞を指定します。
通常はデフォルト入力である「wp_」で問題ありません。
img:スクリーンショット画像

入力した情報からMySQLへの接続が確認できた場合は、こちらの画面が表示されます。

「インストールを実行しましょう !」ボタンをクリックします。
(DB接続が上手くいかない場合は、MySQLの設定情報について再度ご確認ください。)

img:スクリーンショット画像

ここでは、ブログタイトルとメールアドレスを入力します。
任意のブログタイトルと、お客様がお使いのメールアドレスを入力してください。

検索エンジンの表示に関する設定のチェックボックスも任意で設定してください。

入力後、「WordPressをインストール」ボタンをクリックします。

img:スクリーンショット画像

この画面のように「成功しました!」のメッセージが表示されると、インストール完了です。
インストール完了時に、先ほど入力したメールアドレス宛に、ユーザ名とパスワードが送信されています。

以上でWordPressのインストールは完了です。

次に、「ログイン」ボタンをクリックし、ログイン画面に移動します。

img:スクリーンショット画像

ユーザー名・パスワードを入力し、ログインを行ってください。

WordPressの管理画面へとログインします。

img:スクリーンショット画像

以後、こちらのURLがWordPressの管理画面となります。
http://お客様のドメイン名/wp/wp-login.php
(本マニュアルでは:http://example.com/wp/wp-login.php)

管理画面へはブログページからもログインすることが可能です。

img:スクリーンショット画像

WordPressのブログ画面です。
先ほど設定画面で入力したタイトルが表示されています。

img:ボタン画像

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ