サポートマニュアル support manual

ドメインについて > 動作確認について

他社からのサーバー移転の際、以下の方法でネームサーバーを切り替える前に当サーバーでの動作確認をすることができます。

動作確認URLを追加して確認する方法

動作確認URLとは

本機能は、サーバーに設定された独自ドメインに対して、動作(表示)を確認するためのURLを追加する機能です。
こちらの機能を利用することにより、サーバー移転時のネームサーバー切り替え前に、該当ドメイン領域にアップロードしたホームページの表示を確認することができます。

■「動作確認URL」機能に関するご注意
動作確認URLの機能では、 WordPress等の一部プログラム(※)では正常に確認できない場合があります。
CMSご利用の場合は、hostsファイルを編集して確認してください。

※設定URLにてリンクを生成する動的サイトや、設定ドメインへのリダイレクトを行うCMSプログラム等

動作確認URLの設定手順

  1. 「動作確認URL」をクリック

    サーバー管理ツールへログインし、「ドメイン > 動作確認URL」をクリックします。

    動作確認URL1
  2. 設定の追加

    「ドメイン名」のプルダウンメニューから、動作を確認したいドメインを選択し、「確認URLを追加(確認)」をクリックします。

    動作確認URL2

    「動作確認URLの追加(確定)」をクリックします。

    動作確認URL3
  3. 設定および動作確認URLの確認

    追加設定の完了の画面が数秒間表示され、動作確認URL画面へ遷移します。
    「確認URL一覧」から、追加したサイト(ドメイン)の「動作確認アドレス」を確認します。

    動作確認URL4
  4. 設定完了

    以上で動作確認URLの設定は完了です。

    設定された動作確認URLにアクセスして、表示および動作確認を行ってください。
    動作確認URLを削除する場合は、「削除」を選択してください。

    ※動作確認URLの設定後、反映までに1時間程度かかります。

動作確認URLを利用した表示確認方法

上記の手順で設定された動作確認URLにアクセスすることで、サーバー上の独自ドメインの領域にあるコンテンツを表示することが可能です。

例:「example.com」という独自ドメインに対し、「http://example-com.xtwo-check.jp/」という動作確認URLが生成された場合

アップロードしたファイル 動作確認URLでのアクセス方法
example.com/public_html/index.html http://example-com.xtwo-check.jp/

※http://example.com/でアクセスした場合と
同じコンテンツを表示します。

example.com/public_html/test/index.html http://example-com.xtwo-check.jp/test/index.html

※http://example.com/test/でアクセスした場合と
同じコンテンツを表示します。

hostsファイルを編集して確認する方法

hostsファイルとは

「hosts」ファイルとは、PCのシステムファイルのひとつで、IPアドレスとそれに対応するホスト名(ドメイン名)の一覧が記載されているファイルです。

お使いのパソコンの「hosts」ファイルにご利用サーバー(X2サーバー)のIPアドレスとご利用のホスト名を合わせて記述することで、ネームサーバーの変更前にお使いのパソコンから当該Webサイトへアクセスすることが可能になります。

なお、「hosts」ファイルはお使いのパソコン上での設定になります。
複数のパソコンから動作確認を行う場合は、アクセスするすべてのパソコンの「hosts」ファイルを編集する必要があります。

hostsファイルの編集方法

「hosts」ファイルの場所は下記の通りです。

「hosts」ファイルの場所
Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Mac OS X /etc/hosts/
Windowsの設定方法
  1. 「hosts」ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

  2. 最下部に新しい行を追加し、「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ご利用ドメイン名(もしくはサブドメイン)」と入力をして、上書き保存してください。

    ドメイン「example.com」の場合 xxx.xxx.xxx.xxx example.com
    サブドメイン「test.example.com」の場合 xxx.xxx.xxx.xxx test.example.com

    ※「xxx.xxx.xxx.xxx」の部分には「ご利用サーバーのIPアドレス」を入力してください。
    サーバーのIPアドレスは、サーバー管理ツール内の「サーバー情報」にて確認が可能です。

    ■変更を保存する際に管理者へのアクセス許可を求めるダイアログが表示される場合

    「hosts」ファイルを開く前にテキストエディタのアイコンを右クリックし、「管理者として実行(A)...」から起動したテキストエディタを利用し、hostsファイルを編集/保存してください。

  3. 設定をしたPCからのみ、X2サーバーにアップロードしたWebサイトのデータにアクセスすることが可能になります。

    ※実際のWebサイトのURLでアクセスし、表示を確認してください。

  4. hostsファイルの編集はネームサーバー変更前の一時的な動作確認方法です。
    確認と移転作業の終了後は必ず追記した項目を削除し、元の設定に戻してください。

Macの設定方法
  1. 「hosts」ファイルをデスクトップ上に移動し、テキストエディットなどのテキストエディタで開きます。

  2. 最下部に新しい行を追加し、「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ご利用ドメイン名(もしくはサブドメイン)」と入力をして、「/etc」に戻してください。

    ドメイン「example.com」の場合 xxx.xxx.xxx.xxx example.com
    サブドメイン「test.example.com」の場合 xxx.xxx.xxx.xxx test.example.com

    ※「xxx.xxx.xxx.xxx」の部分には「ご利用サーバーのIPアドレス」を入力してください。
    サーバーのIPアドレスは、サーバー管理ツール内の「サーバー情報」にて確認が可能です。

    ■編集したhostsファイルを「/etc」に移動する際に、管理者権限を求められる場合

    「認証」に進み、 管理者情報を入力してください。

  3. 設定をしたPCからのみ、X2サーバーにアップロードしたWebサイトのデータにアクセスすることが可能になります。

    ※実際のWebサイトのURLでアクセスし、表示を確認してください。

  4. hostsファイルの編集はネームサーバー変更前の一時的な動作確認方法です。
    確認と移転作業の終了後は必ず追記した項目を削除し、元の設定に戻してください。

img:ボタン画像

電話サポート

新規ご契約に関するご相談はこちらへ コールセンターへの電話番号 平日10:00〜18:00 ※こちらではご契約後の運用に関するサポートは行っておりません。 アドバンスドプランをご契約の方は、電話サポートを受けることが出来ます!
電話での問い合わせにどこまで回答がもらえますか?

公式Facebookもチェック!

エックスサーバー公式Facebookページ
エックスサーバー株式会社 採用サイト
エックスサーバー社長ブログ