ニュース

2015/04/15
セキュリティ向上を目的とした国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)制限の実施および「SMTP認証の国外アクセス制限」機能の追加について

平素は当サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度X2では、
メールサーバーのセキュリティ強化を目的とした
国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)制限を順次実施いたします。

また、国外から当サービスメールサーバーのSMTP認証を利用されるお客様向けに
上記制限を解除できる「SMTP認証の国外アクセス制限」機能の追加をいたします。

大変お手数をおかけいたしますが、国外からSMTP認証を利用される場合は、
制限実施の前に「SMTP認証の国外アクセス制限」機能にて制限の解除をお願いいたします。


サーバーのセキュリティ・安定性を高め、
お客様により安心してご利用いただくための対策となりますので、
何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

詳細につきましては、下記をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------
■「国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)制限」の実施について

【実施日】
 2015年4月28日(火)

【対象サービス】
 サーバー全プラン 

【セキュリティ対策の強化内容】
 SMTP認証(SMTP AUTH)による不正なメール送信を防止することを目的として
 一部ホスト名を除き国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)を制限いたします。
 
 ◆制限対象外ホスト名一覧
  ・google.com:GoogleApps、GmailなどGoogle社提供サービスのホスト名
  ・amazonaws.com:Amazon EC2などアマゾン社提供クラウドサービスのホスト名
  ・outlook.com,hotmail.com:Outlook.comなどマイクロソフト社提供メールサービスのホスト名

   ※国外に拠点があり国内でも一般的に使用されるホスト名については、
    制限対象外としています。


■「SMTP認証の国外アクセス制限」機能の追加について

【提供開始日】
 2015年4月15日(水)

【対象サービス】
 サーバー全プラン

【機能内容】
 国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)制限を解除するための機能です。

 国外にご在住等、国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)が必要なお客様におきましては、
 本機能にて制限の解除を行ってください。

 ※国内IPアドレスからのアクセスであっても、
  ごくまれに国外IPアドレスからの接続とシステム上誤認され、
  SMTP認証(SMTP AUTH)ができなくなるケースがございます。
  この場合にも、大変お手数ですが、本機能にて制限の解除をお願いいたします。

 ※国外IPアドレスからのSMTP認証(SMTP AUTH)制限の実施前に
  設定を解除しておくことが可能です。

 ◇マニュアル:SMTP認証の国外アクセス制限

----------------------------------------------------------------------

弊社では、今後もお客様にとって常に最適なサービスをご提供できるようサービス展開に注力して参ります。
今後ともX2をよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ